新月の願い    
本文へジャンプ
最近は、すっかりメールも無沙汰でごめんなさい。
あれから、私やメールを送らせていただいていた皆さんにどんどん素敵で面白いことが起こっています。
特別なことはできませんが、まだまだ、少しでもあなたのお役に立ちたい私です。
←新月の願いの例、避けた方がよいことを追加しました。

   次回の新月

次回の新月が起きる日時: 2016年09月01日(乙女座) 18:07
※ついでに、次月分も携帯カレンダーなどに登録しておきませんか? 
次月の新月が起きる日時 2016年10月01日(天秤座) 09:16
ついでに、次月分も携帯カレンダーなどに登録しておきませんか? 
翌々月の新月が起きる日時 2016年10月31日(蠍座) 02:39
ついでに、携帯カレンダーなどに登録しておきませんか? 

新月が○○座にあるときに願うと実現しやすいこと
⇒ 
何かあるようですが、あまり活用・検証するチャンスがありませんでした。

↓ 関心のある方は下記サイトを参考にしてください。
 ※新月、参考サイト
1)新月カレンダー(ジャン・スピラー) 
2)新月カレンダーとボイドタイム

   今月のつぶやき

お問合せ、ありがとうございました。
・勇気百倍になってきました。 実体験、是非是非、情報交換させてください。
・自分自身でも、新月の願いを始めてからのこの3年間のことを振り返ってみます。
・やはり、女性のほうが月のリズムを取り入れやすい?
CD、ありがとうございました。 
・繰り返し同じ話をさせてください。聞いてくれてありがとう。
講演筆録ツキを呼ぶ魔法の言葉』の冊子を読めないという方のために、体験した本人監修の『ツキを呼ぶ魔法の言葉 付録のCD版』を用意しました。
まず、自分から。CDをどこで聴こうか…と考えた末、車の中へ。
・改めて、ツキを呼ぶ魔法のからくり魔法の言葉の使い方のポイントが解りやすく説かれていて、感動しました。
⇒そして、私の新月の願いの1つである、我が家の難問が1月24日という期限をもって、ゆっくりと時間をかけて解けていったことに気づきました。
 ◆嫌なことがあったら「有難う!ありがとう!」(嫌なことの連鎖を断ち切る!)
 ◆これから起こることには「○○になりました!感謝します!」(引寄せの法則)
奇跡が起きました!感謝します。
○○に成っています!感謝します。

・1/31の願い
父の皆の肉体的な完全回復に向けて遠隔レイキを使わせていただき○○家の皆の調和、大いなる霊性進化に(私が)関わり、皆が各自の夢を実現できることに貢献でき、私と私の家族が今まで以上に仲良く信頼されて、関わっています。
父の1/14日の検査結果は大変良好。まだ採尿バッグ利用が残っているが、月に一度の定期検査のみで今まで通りの生活をして様子をみましょう」という言葉をいただきました。夜中にもトイレに起きるようになってきました。
母は寒いので、トイレに起きる必要ないじゃないの?!と思ったようですが、順調な回復ぶりです。
なお1月末、深夜に高熱を発し、救急車で搬送入院となりましたが、寝室を2Fから1Fに変えた後だったのでことなきを得たとこのことです。また、担当医曰く、高熱の原因から考えると、本来ならもっと早く、1月上旬に発熱していてもおかしくなかったとのこと。
不幸中の幸い、3日間の入院でした。

1/31の願い
○○の●●が終わり、新しい意識で今年の幸せな生活設計を始め、両親からの温かいサポートが得られるように心配りをしています。
・父が母を介して一度帰ってくるようにと繰り返すので、レイキ療法と新月の願いの解説をするべく、行動しました。すると、二つの願いが見事にリンクして、○○からとっても幸せな言葉をもらいました。
・さらに、その後、母からも皆の嬉しい変化の電話が。
・その後、○○から母(おばあちゃん)にお礼の電話が。さらに嬉しい近況報告も。そのため、父(おじいちゃん)はますます喜びいっぱいになり、健康管理にも目標ができたとのことです。

2月〜9月までの沢山の奇跡と幸せに感謝!!
同居の素敵な家族と私たち家族との写真が残り、最後に病室で見てくれました。

父が母に看取られ、天寿をまっとう致しました。
父は70年近くみかんの栽培をしてきました。大変な仕事でしたが、80才を過ぎても、昨年12月入院した後も、体力の許す限りみかん山へ行っていました。本当に好きな事を仕事にして幸せな人生を送れたのだと思います。

最後の最後のその瞬間、
母はその2週間ほど前に私たちと一緒にDVDにした「アンビリーバボー 独占取材!脳外科権威が発表★死後の世界はあった」を見ており、息子にすすめられて初めて泊まった病室の父の耳元で、幸せだった日々を振り返り、自分が次の世界に帰る日のお迎えを頼み、再会約束したそうです。

しっかりと手を握り、その顔を見続けていたのに、看護士さんに告げられるまで、それとは分からない静かで穏やかなお別れだったとも。

それまで、母よりはうんと健康だったのに、1年前に発病し、なぜか、母より先に逝くことを望んだ父。
その日は何と妻(母)の誕生日でした。

4年ほど前に当時小学生だった孫娘がとってくれた写真が気に入り、それを遺影としてほしいとこっそり頼んであったとのこと。それが、ちゃんとしまってもらってあり、魔法のように出てきました!!

いつもの笑声が聞こえてきそうな、いつもの自然な笑顔の写真でした。
お父さん、沢山の幸せを皆にありがとうございました。
感謝!!
ありがとうございました。
・お互いに、直接でないとお話しきれないことが沢山あります。
お聞きし、学びたいことが沢山あります。
・今年こそは、と意気込んでいたら、ご連絡いただいたり、連絡させていただいたり…。
・今後ともよろしくお願いいたします。
この書画はある方に見せていただいた翌朝一番、目覚めると同時に鮮やかにカラーのイメージとして現われたもの。初めてのことでびっくりしました。早速報告メール。
後日、思いがけないタイミングで再会できたので、写真に収めさせていただきました。その後の、気づきにより、2014年の「MY漢字」となりました。

信とは
慎み敬して侍する姿、心持ちであって、
「言が成る」かどうかはまだわからない状態である。

誠とは
それに対して、誠は慎み敬して侍し、それが認められて成る状態。
「信じる」のは未確定のものに対してだが、信が実れば信実となり、それは事実となる。
誠とは言を成すと書くが如く、真実で嘘・偽りのない姿をいう。
言部に「信なり。言に従ひ成を声とす」とあるように、守るべきを守ることを誠という。

誠とは言が成ること
違わざることを約束して神前に備え、神意の降下を待つ行為自体を言う。
神意の至るを待つ人は敬い慎んで侍す。
その侍する姿が偽りなく真実であるならば、遂には神意に適って「言が成る」。
自然の帰結が誠であり、人為の結果はそこに存在しない。

このページを活用してのPCメールは「レイキ健康療法」 と知多クリック内「幸せ研究所」に関わっていただき、PCメアドを使わせていただいている皆様へ、勝手にBCCメール、すみません。
にも関わらす、返信やお電話をいただいた方、ありがとうございました。
(※2014.12をもってメールは休止中ですが、相変わらず、お会いした方との話題にはさせていただいております。<m(__)m>)

このページはまだまだ未完成ですが、1月31日の新月に向けて、とにかくメールをお送りします。
ごくごく自然に、まるで発芽のように、自分と、あなたの「心の中に奇跡を起こして」、次の新月を自他のために活かしていけることを願っています。